現金自動預け払い機

現金自動預け払い機(げんきんじどうあずけばらいき、Automatic teller machine; ATM)は、通常、紙幣(及び硬貨)、通帳、磁気カード等の受入口、支払口を備え、金融機関や貸金業者、現金出納を行う業者の提供するサービスが、顧客自身の操作によって取引できる機械を指す。

元々は都市銀行の店舗に設置され、普通預貯金の預け払いに用いられ出したが、今日、金融機関はもとより、小売店や公共施設などに幅広く設置されている。
また、普通預金以外の取引や現金を介さない取引も広く取り扱うよう進化しており、自動取引装置、自動窓口機などとも呼ばれる。






 ショッピング枠現金化 用語集


245_10.gif

  • 最終更新:2013-08-26 18:26:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード