現金化業者は金融業?

クレジットカードショッピング枠現金化業者は、金を利用者に貸していながら、他の金融業と異なり貸金業者、いわば金融機関ではありません。

この部分がクレジットカードのショッピング枠現金化と消費者金融等とが異なる所です。

それでは、クレジットカードのショッピング枠現金化業者とは一体どのような業種なのでしょうか?
実際はクレジットカードのショッピング枠現金化サービスを行う業者は、貸金業ではなく、通信販売業という分類になるのです。


何故ならシステムとしてはカード利用者が、クレジットカード現金化業者の指定する商品を購入し、その特典として現金を還元してもらっているからです。クレジットカード現金化業者がカード利用者の購入した商品を後で買いとるわけでもありません。

そのため、クレジットカード現金化サービスは一種の通信販売といえるわけです。

この現金化サービスは「不当景品類及び不当表示防止法」という法律の中の「もれなく型」に該当します。通常の景品提供であればその最高額は総取引額の10%以下に規制されていますが、「もれなく型」に該当するキャッシュバックは例外的な景品となるため取引額の10%以上を合法的に提供することが可能になります。これに関しては家電量販店などでよく行われているキャッシュバックをイメージすればよいでしょう。ここが通常の消費者金融とは異なるところです。


詳しくは、※不当景品類及び不当表示防止法とはをご参照下さい。


よく理解出来ないと言う方の為に、クレジットカード現金化の仕組みについて紹介しましょう。

クレジットカードショッピング枠現金化サービスは、厳密に言えば通信販売に属する、と記しましたが、その理由としてはクレジットカードのショッピング枠現金化のシステムは、クレジットカード利用者(即ちクレジットカード現金化サービスの消費者)が、現金化業者の指定する商品を購入し、その特典としてクレジットカード現金化業者から現金を還元してもらっているからです。

クレジットカード現金化のシステムで言えば、現金化業者がクレジットカード利用者の購入した商品を買いとるわけでは有りません。
そのため、クレジットカード現金化サービスは金融業ではなく、一種の通信販売だと言えるわけです。






  • 最終更新:2015-04-22 11:28:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード