特定商取引に関する法律

特定商取引に関する法律(とくていしょうとりひきにかんするほうりつ、昭和51年6月4日法律第57号)は、訪問販売等、業者と消費者の間における紛争が生じやすい取引について、勧誘行為の規制等、紛争を回避するための規制及びクーリング・オフ制度等の紛争解決手続を設けることによって、取引の公正性と消費者被害の防止を図る、日本の法律である[1]も参照。略称「特定商取引法」「特商法」。





 ショッピング枠現金化 用語集



245_10.gif

  • 最終更新:2013-08-26 18:51:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード