日立キャピタル

日立製作所の家電販売のクレジット部門を前身としローン・クレジットに強みを持つ日立クレジットと、同じく日立系でリース事業を行なっていた日立リースが2000年に合併し、現社名となった。日立クレジットが前身であることもあり、法人向けの通常総合リース業の他、個人向けクレジットカードの取扱いや、日立グループ社員向けの各種ローン取扱いも行なっている。

日立グループの国内・海外展開における連携や、グループ会社を対象とするリース取引等、日立グループ金融サービスの中核企業と位置づけられている[1]。2013年度中までに三菱UFJ系のベンダーリース会社である日本ビジネスリースを買収し、完全子会社化する予定であり、日立グループの販売金融企業としての機能を強化している。







 ショッピング枠現金化 用語集


245_10.gif


  • 最終更新:2013-08-26 18:57:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード