サイバー犯罪

サイバー犯罪(サイバーはんざい)とは、主にコンピュータネットワーク上で行われる犯罪の総称。近年犯罪数や規模が増加している。ネットワーク上の不法取引やデータの大量配布による著作権侵害、法律に違反するデータの公開などが主だが、その他に匿名掲示板を用いた信用毀損や業務妨害などもある。国によって適用する法律が異なる。ネットワークが世界規模(ワールドワイド)であることやコンピュータの発達、新技術などを用いた手口の巧妙化などを背景に、これら犯罪は複雑化と高度化が進んでいる。






 ショッピング枠現金化 用語集



245_10.gif

  • 最終更新:2013-08-26 18:32:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード