クレジットマスター

クレジットマスターとは、クレジットカードの番号の規則性を悪用し、カード番号にある計算を加えて他人のカード番号を割り出す手口。

1989年頃、アメリカ合衆国で初めて確認された。カードの番号と有効期限を入力するだけで決済できるインターネット通販サイトなどで悪用される。日本では1999年頃から被害が確認されているが、具体的な防止策は見つかっていない。
カード番号の仕組み自体を悪用して勝手に番号を割り出されるため、スキミングやフィッシングと異なり被害の防ぎようがないとされる。

業界団体は、身に覚えのない請求がないかクレジットカードの明細書をこまめにチェックし、不審な点があればすぐにカード会社に連絡するよう呼び掛けている。





 ショッピング枠現金化 用語集


245_10.gif

  • 最終更新:2013-08-26 18:25:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード